Jリーグ2019年夏の移籍まとめ。J2編その①(山形、水戸、栃木)

Jリーグ2019年夏の移籍まとめ。J2編その①(山形、水戸、栃木)

モンテディオ山形

In

山岸 祐也[ ←岐阜 ]

髙木 彰人[ ←G大阪/期限付き移籍 ]

秋山 大地[ ←C大阪/期限付き移籍 ]

野田 裕喜[ ←G大阪/期限付き移籍 ]

Out

永藤 歩[ →FCマルヤス岡崎/期限付き移籍 ]

北川 柊斗[ →北九州/期限付き移籍 ]

田村 友[ →群馬/期限付き移籍 ]

阪野 豊史[ →松本 ]

FW阪野をJ1松本に完全移籍で放出した影響は大きい。ポストプレーができる、高さがある、途中出場から得点を奪えるなど、単純な能力値以上に貢献度が高く、結果も出していた。

とはいえ、獲得した4選手はいずれもJ2レベルなら屈指の実力者で、しかもセンターラインを任せられる選手たち。阪野の穴は埋まらないもののFWには高木と山岸を加え、守備陣には野田と秋山が加わり、選手層の厚さと戦術の幅を手に入れた。プレーオフ圏内ギリギリの順位なので、なんとか総力戦で踏ん張りたい。

水戸ホーリーホック

In

浅野 雄也[ ←広島/期限付き移籍 ]

宮 大樹[ ←神戸/期限付き移籍 ]

レレウ[ ←湘南/期限付き移籍 ]

小川 航基[ ←磐田/期限付き移籍 ]

福満 隆貴[ ←C大阪/期限付き移籍 ]

長谷川 凌[ ←沼津/期限付き移籍期間満了により復帰 ]

Out

浅野 雄也[ →広島 ]

齋藤 恵太[ →長野/期限付き移籍 ]

伊藤 槙人[ →横浜FM ]

中川 洋介[ →アルビレックス新潟シンガポール/期限付き移籍 ]

守備の要だったセンターバック伊藤がマリノスに移籍。J2トップクラスのディフェンダーといっても過言ではない能力があり、結果も残していたので、ステップアップは致し方ないのだが、水戸にとっては痛い。

しかし伊藤の穴は、神戸から加入の宮で埋められるはず。J経験こそ積んでいる最中だが、選手層が厚い神戸の中での経験がきっと生きる。

攻撃陣の加入も、小川・福満・レレウとなかなかに豪華。失点は少ないが得点も少ないので、ポイント抑えていてよい補強だと思う。

栃木SC

In

ユウリ[ ←ECバイーア(ブラジル)/期限付き移籍 ]

浅沼 優瑠[ ←相模原/期限付き移籍 ]

乾 大知[ ←横浜FC/期限付き移籍 ]

瀬川 和樹[ ←山口 ]

三宅 海斗[ ←フォルトゥナ・デュッセルドルフU-23(ドイツ) ]

キム ヒョン[ ← 済州ユナイテッドFC(韓国)/期限付き移籍 ]

Out

石川 慧[ →鳥栖 ]

ジョナス[ →契約解除 ]

ヴィニシウス[ →契約解除 ]

流出によるダメージはほとんどないので、補強の分だけチーム力は純増。

期待したいのは海外帰りの三宅。東福岡の右ウイングで活躍し、鹿屋体育大学の2年時に海外挑戦した選手で、2レベルで通用するかが注目される。

韓国人のキムヒョンは年代別代表のあるFWで、フィットすれば面白いのだが、21位と降格圏の栃木にとっては、センターバックの乾、左サイドの瀬川といった、ある程度計算が立つ選手のほうが貴重かもしれない。

twitterやってます。

フォローお願いします。