U-17日本代表エクアドル遠征メンバーと、U17ワールドカップメンバーの予想。

U-17日本代表エクアドル遠征メンバーと、U17ワールドカップメンバーの予想。

U17代表のエクアドル遠征メンバーが発表されました。

https://www.jfa.jp/national_team/u17_2019/news/00022470/

U-17日本代表エクアドル遠征(9/2~11) メンバー・スケジュール

スタッフ
監督:森山 佳郎 モリヤマ ヨシロウ(日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:廣山 望 ヒロヤマ ノゾミ(日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ/JFAアカデミー福島)
GKコーチ:高桑 大二朗 タカクワ ダイジロウ(日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ)
コンディショニングコーチ:小粥 智浩 オガイ トモヒロ(日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ)

選手
GK
1 鈴木 彩艶 スズキ ザイオン(浦和レッズユース)
12 野澤 大志ブランドン ノザワ タイシブランドン(FC東京U-18)

DF
3 半田 陸 ハンダ リク(モンテディオ山形ユース)
5 畑 大雅 ハタ タイガ(市立船橋高)
15 村上 陽介 ムラカミ ヨウスケ(大宮アルディージャU18)
18 角 昂志郎 スミ コウシロウ(FC東京U-18)
2 鈴木 海音 スズキ カイト(ジュビロ磐田U-18)
4 中野 伸哉 ナカノ シンヤ(サガン鳥栖U-18)

MF
16 山内 翔 ヤマウチ カケル(ヴィッセル神戸U-18)
13 藤田 譲瑠チマ フジタ ジョエルチマ(東京ヴェルディユース)
19 田村 蒼生 タムラ ソウキ(柏レイソルU-18)
6 横川 旦陽 ヨコカワ アサヒ(湘南ベルマーレU-18)
8 成岡 輝瑠 ナルオカ ヒカル(清水エスパルスユース)
17 田中 聡 タナカ サトシ(湘南ベルマーレU-18)
7 三戸 舜介 ミト シュンスケ(JFAアカデミー福島U18)
20 遠山 悠希 トオヤマ ハルキ(京都サンガF.C.U-18)

FW
9 若月 大和 ワカツキ ヤマト(桐生第一高)
10 西川 潤 ニシカワ ジュン(桐光学園高)
14 中野 桂太 ナカノ ケイタ(京都サンガF.C.U-18)
11 唐山 翔自 トウヤマ ショウジ(ガンバ大阪ユース)
21 光田 脩人 ミツダ シュウト(名古屋グランパスU-18)

この代表は、10月からブラジルで行われるU-17ワールドカップをターゲットとしています。本大会まであと一ヵ月半に迫り、このエクアドル遠征は直前合宿を除くと最終テストの場になります。

 

そして、2019年のU17日本代表に招集されたリストがコチラ。

JVキャンプは、Jヴィレッジキャンプ。ポジションや所属チームは選出タイミングで違ってる選手が一部います。選出回数は不参加や追加も1としてカウントしています。

 

これを元に、本戦の最終メンバーを予想してみました。

ちなみに、2017年の日本代表(久保、平川、中村、上月とかの世代)は、22名が選出されていました。ので、22名選ぶつもりで、

 

GK

野澤、鈴木、佐々木の3名でほぼ確定。野澤か鈴木がスタメン。

DF

右SB畑、左SB中野伸、CBが鈴木海と半田。この4名でスタメンは固まっている。
センターバックの控えを下川と村上が争うが、DFでも使えるMF藤田がメンバー入りするならば、もしかしたらどちらかのみかも。
右サイドバックは鈴木や半田もアクシデント時に起用できる可能なポジションだが、角が間に合えばメンバー入りしそうなので問題なし。
むしろ左サイドバックの控えをどう考えているのかが見えない。

MF

安定してメンバー入りしている田中聡、成岡、三戸の3名は確定。
7月の新潟国際Yから継続して呼ばれている中野桂、藤田、山内、横川の4名も最終選考に残りそう。

FW

唐山と若月は確定。スタメンで2トップで並ぶことが濃厚。
ここにきてメンバー入りした西川も確定といえる。サイドハーフで使われるかもしれないけど。
8月のJヴィレッジキャンプから続けて今回も召集されたのが、田中禅と光田。特にクラブユース選手権で活躍した田中は前線でポストプレーができるプレーヤーで戦術の幅が広がるので、今回の遠征で結果を残せればメンバー入りが期待できる。

 

ということで、最終メンバー22名の予想はこんな感じ。

GK:野澤、鈴木、佐々木
DF:畑、中野伸、半田、鈴木海、下川、村上、角
MF:田中、成岡、三戸、中野桂、藤田、山内、横川
FW:唐山、若月、西川、田中、光田

ーーー唐山ー若月ーーー
西川ー横川ー成岡ー山内
中野ー半田ー鈴木海ー畑
ーーーー-野澤-ーーーー

最終的には、直近のエクアドル遠征メンバーがほとんどですが、まぁ、そんなもんですよね。(開きなおる)

もしかしたらDF下川あるいはFW光田が、MF遠山かFW津久井に代わるかもなーと思ってます。

 

 

ちなみに、上のラージリストのリストにあるチーム数をカウントしたのですが

・4選手
サガン鳥栖U-18

・3選手
FC東京U-18、柏レイソルU-18、セレッソ大阪U-18、名古屋グランパスU-18、京都サンガF.C.U-18

2選手以下は省略

で、育成で結果を残し始めてるサガン鳥栖が最多となっていました。

twitterやってます。

フォローお願いします。