名古屋グランパスU-18のチームと選手を紹介/2019年日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会時

名古屋グランパスU-18のチームと選手を紹介/2019年日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会時

名古屋グランパスU-18

2019年7月、クラブユース選手権にて観戦。

GK 16 東ジョン
DF 3 牛澤健
DF 6 新玉瑛琉
DF 9 石田凌太郎
DF 15 鷲見星河
MF 7 倍井謙
MF 10 田邉光平
MF 14 石谷光基
MF 24 豊田晃大
FW 8 榊原杏太
FW 17 武内翠寿

ダブルボランチ型4-4-2、
というよりは榊原が下がり目の4-2-3-1的なイメージ。
ーーーー竹内ーー榊原ーーーー
ーー倍井ーーーーーー石谷ーー
ーーーー田邉ーー豊田ーーーー
新玉ーー鷲見ーー牛澤ーー石田
ーーーーーー-東-ーーーーーー


選手の配置や距離感+ボール回しで良いアングルを作り
相手ゾーン間にスペースを作って縦に入れて、
というサッカーを志向しており、
トップチームの風間八宏式ポゼッションサッカーが浸透できている。

両サイドハーフの倍井と石谷はバイタルエリアや相手SBCB間のハーフスペースを狙う。
サイドのスペースは、サイドで幅を取る両サイドバックの新玉と石田が
ダブルボランチ田邊と豊田のサポートを受けながら使う。
上下動が得意で直線的にプレーする右の石田と違い
左の新玉はボランチ的な役回りが出来るので
ダブルボランチは右サイドをフォローすることが多かった。

自分達でボールを保持して崩す意思統一がされていて、
それをピッチで実現する技術力を全員が持つ。
実際にボールポゼッション率で相手チームを大きく上回る。

足元テクニックのみではなく
身体の使い方や個人戦術、判断力なども含めて
総合能力が高い選手が非常に多く
タレント力では同年代のチームの中でトップクラス。
さらにポジショナルプレー的な立ち位置で状況優位を作るので手に負えない。

押し込んで優位に立っているケースが多いこともあるが
各選手に迷いが見られず自信を持ってプレーしているので
基礎能力の高さ+動き出しや判断速度の速さで
攻守問わず玉際に強く、ボール回収率が高い。
ネガティブトランジション時には強烈なアプローチを実行し波状攻撃に繋げる。

攻撃時のポジションも流動的で、
愚直に戦術を実行するという感じではなく
相手の変化を捉えて修正したり
劣勢の中でも慌てず対応できるのも強みの一つ。
状況を見ながら攻守に的確な判断でゲームを進められるチーム。


6 新玉瑛琉 3年

攻撃能力の高い左サイドバック。
ジュニアユース時代は2トップの一角だった。

判断力と技術力、さらに身体の使い方にも優れ
後方ビルドアップで起点となれる。
厳しいチェックでもボールをロストせずに繋げられる。

前方の倍井にマークが集中することも影響しているが
高い位置取りからの決定機演出も特徴。
ランニングからのクロスというクラシカルなサイドバック像とは違い
ペナルティエリア横から崩してラストパスを出せる選手。
高い攻撃センスに加え、水準以上のスピードを持ち、スペースに顔を出すタイミングにも優れる。

純粋な一対一では守備でも非常に強いのだが
なぜか簡単に裏を取られたりするなど
守備のカバーリングやポジションニングは気になった。

9 石田凌太郎 3年

左サイドバック新玉と同じく、元々は攻撃的ポジションだった右サイドバック。

名古屋グランバスU-18は両サイドバックが高い位置を取るが
起点にもなりフィニッシュにも絡める新玉とは違って
石田は爆発的なオーバーラップが持ち味で、サイドの上下動が特徴。

倍井と新玉のいる左サイドに全体が寄りがちになると
右サイド石田の前方にスペースが出来るが、
そこを見逃さずにスプリントしてボールを引き出せる。

走力のみでなく身体能力に優れ、
174cmながらジャンプ力がありロングボールの競り合いに強い。
速く、強く、高い、そんな選手。
試合終盤でも加速と最高速が落ちないスタミナもある。

典型的な使われるタイプの選手であり
技術面よりも身体能力に優れていて
決して攻守にプレー幅が広いほうではない。
ただ、単純にサイド裏を取るパターンが警戒されると
中央に持ち出して攻撃に絡むパターンも持つ。

15 鷲見星河 2年

一対一に強い、ストッパータイプのセンターバック。

構えて迎撃するディフェンスで、地上戦・空中戦問わず相手を圧倒する。
体格に恵まれるだけでなく身体能力も高く
前に出ながらの守備も得意とし、競り合いを全く苦にしない。

攻撃の起点としてはまだ不十分だが
中央の厳しいところを通す縦パスへチャレンジする姿勢もあり
不安定さがあるものの狙いどころは悪くない。

圧倒的に一対一に強いものの
カバーリングやポジショニングには難を抱える。
しかし、隣にはそれをカバーする牛澤がいて、補完関係に優れる、
鷲見が3年生になる来年はDFリーダーとしての役割が期待されるので
持ち味を伸ばしつつウィークポイントを改善できるかが注目。
素材として魅力的でポテンシャルが高く、まだ伸び白を感じさせる。

7 倍井謙 3年

左サイドを主戦場とするアタッカー。
2019年クラブユースサッカー選手権大会U18の得点王。

最大の特徴は、ドリブルスピード。
ドリブル中の倍井の速度は、他プレイヤーの速度を上回る。
前を向かせてドリブルさせると後ろからは止められず
そのままゴール前まで突き進みシュートを放つ。
また加速力も非常に高く、一瞬で最高速度へ到達する。

さらに足元技術が高く筋力にも恵まれていて
相手に寄せられながらでも強く正確なシュートでゴールを狙う。
またプレッシャーが厳しいエリアでも競り合いながらボールを保持し
華麗なフェイントやボールタッチで相手の逆を取る。

左サイドをオリジナルポジションとしながらも
新玉や榊原などと連携しつつスペースを作って自ら仕掛けてシュートを放つ。
チャンスメイクだけでなくフィニッシャーとしても活躍し結果を残した。

10 田邉光平 3年

名古屋グランパスU-18で攻撃のタクトを振るう司令塔。

ボールタッチ数が多く、組み立ての起点となることが多いので
166cmとサイズは小さいのだが存在感がある。
テクニックも水準以上、様々な局面に顔を出して
ゲームメイクもチャンスメイクも出来るボランチ。

プレーエリアの広さとプレーの引き出しの多さはストロングポイント。
ディフェンスラインまで落ちて
サイドバックを高い位置に上げつつ後方で起点となったり
相手ゾーン間にスペースを見つければ入り込んでポイントを作ったり、
広い視野で状況を見て自らの立ち位置を変えられる。

24 豊田晃大 1年

隣のキャプテンで10番の田邉に目が行きがちだが
一年生ながらボランチで出場する豊田もビルドアップでの貢献度が非常に高い。

一年生とは思えないプレーのエレガントさや冷静さが印象的。
プレッシャーが厳しい中央エリアでも恐れずにボールを裁き、展開を加速させる。
足元の技術やパスの精度・スピードに優れるが、最大の特徴は判断力。
展開や繋ぎが素早く正しい。
タレント揃いの名古屋攻撃陣へ忠実にボールを届ける。

8 榊原杏太 3年

清水エスパルスジュニアユースから名古屋グランパスU-18という経歴のアタッカー。
そのルートはあんまり聞いたことが無い。

榊原の武器は、アイデアと遊び心、それを実行できるテクニック。
不思議なボールタッチで相手を出し抜き、逆を取る。
166cmと小柄だが、相手にボールどころか身体にさえ触れさせない。

特にファーストタッチやセカンドタッチのフィーリングが抜群、
ボールコントロール技術と、間合いやボールの置き所のセンス、そして発想力が凄まじく
観客に分かりやすい驚きを提供してくれる、見ていて飽きない選手。
相手を外すと細かなドリブルからの正確なラストパスでチャンスを作る。

このタイプに多いのが玉離れが悪かったり即興性に任せるタイプだが
無駄がなく洗練されたプレーで魅せてくれる。

ポジショニングにも優れ、
相手の急所を突いたり、試合状況を変えるために、
サイドに大きく開いたり、
裏に抜けようとしてDFラインと駆け引きしたり、
バイタルエリアで楔を受けようとする。
特に相手MFとDFのライン間に位置してボールを引き出すのが上手。

17 武内翠寿 2年

スイジュと読む。
名古屋グランパスU-18のエースストライカー。
ただ、それでいてマルチなスキルを持ち、複数の役割をこなせてしまう。

ストライカーっぽい雰囲気が見た目から伝わる選手。
フィジカルとスピードに優れ、決定力があり、足元技術も水準以上。ドリブルもある。

ゴール前でパスに反応して合わせるパターンもあるが
どちらかというと自ら仕掛けて打開するタイプで
ドリブルで打開してフィニッシュのパターンを持つ。
前を向けば力強いドリブルで仕掛けていく。

しかし前を向かせないだけではプレー幅が広い竹内は封じられない。
相手プレッシャーを跳ね除けるパワー、
素早くポジションを取るスピードとアジリティ、
そして難しいボールを処理できるテクニックを生かし、
ワンタッチで素早く正確に味方へ繋ぐポストプレーでもチームに貢献できる。

twitterやってます。

フォローお願いします。